スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間の矢

2008–08–31 (Sun) 23:50
今夜もゲームの話をいたしましょう。

世間様は幽霊船イベントだなんだかんだとお楽しみだったようですが
すべて放ったらかしにして相変わらずマイペースなファイナとその一族ですごきげんよう。

その昔、帆船の模型にあこがれていた自分が居ました。

080831-02.jpg

似て非なるものとはいえ この美しさを堪能できる現代に、感謝する。



やっぱり頭の螺子がどこかおかしくなっている中の人、
オプションサービスを利用して、三人目の娘を産みました。
名前をへレン.Aといいます。へが平仮名です。イスパニア人です。
今後ともよろしくお願いいたします。

納金したりしなかったりでまあセビリアかリスボンあたりでたまに売り子でもさせとくか、
くらいのノリで生まれた娘なのでございます。
うん、てけとーに調理くらい覚えとけば便利じゃない?
神秘つかってハム-ピザコースでさくっとマイスターにしちゃってさ。
よしよしそれで行こう。

なんてつぶやいていたのに、気づいたら各都市料理レシピを買い漁って次はパンだケーキだと右往左往しちゃったりしてて、何となく3年前のファイナとまったく同じ事をしているような気がしなくもありません

「調理脳乙!」

とか 
東南アジアくんだりまで出かけていって香辛料に見向きもせずにナンプラー満載でホクホク顔で帰ってきて苛められた某maquina氏には言われたくないものですが 否定できないかもしれません。

そんな三女も、ようやく航海者養成所上級学校、商業課程に通うお年頃になり、なんとかこうとか卒業演習までこぎつけました。

「調理脳乙」ですので、選択演習はブタ30匹一択であります。
これを10回。ブタさん300頭必要です。
PFなんて持っておりませんし、船は手抜き増量の軽キャラック 容量303です。

ファロ-ピサ間を・・・2往復?・・・・うぁめんどくs


いやぁ300頭積めるし。


水食料2+1なら!
さっきナポリで運用取ってきたしさ! なんとかなるようん!
バルシャツアーで鍛えてるしさほら!


船員を5人に減らし、ブタを300頭買い付けて、ファロを出航しました。

マラガ前で食料が尽きました。
いったん寄港して、水2食料1補給。

マラガを出航したら、わけもなくアホらしい気分になり、今後無寄港で行こうと思いました。

時間がかかるので、日系サイエンス 9月号を読んでました。
「デジタルニセ画像をみやぶる」という記事が気になって衝動買いしたんですが
南硫黄島探検記なんか楽しく読めました。

「時間の矢」の宇宙論的起源 というページにたどり着いたんですが
自慢じゃありませんがわけわかりません。

時間の非対称性とか、「時間の矢」とか、さっぱりわけわかりません。
なぜオムレツを卵に戻すことができないのかということについて真剣に考える分野のようです。
「熱力学第2法則」ってなんですか? 有名なんですってよ?
「閉じた系のエントロピーは、決して減少しない」って頼むから誰か翻訳してくださらない? 日本語に。
これ日本語? 通じないんだけど!

一杯のコーヒーを科学的に記述せよ
・巨視的-温度・圧力などの全体的な特徴の描写になるだろう
・微視的-記述しようとするとコーヒーの中の個々の分子の位置速度をすべて特定する必要があるのぜ!

でも微視的な分子の配置がほかのコーヒーとそれぞれちょっとくらい違ったって、巨視的に見ている人には違いがわかんないでしょ?

巨視的な見方をしたらコーヒー一種類 → 微視的な見方のコーヒーはXX種類

1:XX

エントロピーとはこの対数のこと(XXの数)のことで・・・・


「船長、薄気味悪い歌声が聞こえてきやすぜ!」


おおっと耳栓。
貴重な船員が5人から4人に減ったパルマ沖。


雑誌の続きを読みましょう。
そのコーヒーにミルクが混ざった場合。
その分子の配置パターンを考えたとき、
コーヒーとミルクが完全に分離した状態の配列パターンの数<<<交じり合っている状態のパターン数
つまりあらゆるパターンが存在する確率が同じだとするなら、完全に分離した状態になる確率は大変大変低い。混ざっている状態の方が多い。
= 混ざっている状態の方がエントロピーが大きい。 こういう言い方をする。


物理学って時々ばかだなーって思う。
そのバカな学問の点数がまったく取れない中の人はもっとバカなんだけど
多分この学問は、常識的感覚を持って臨んではいけないのではなかろうか。

いまやろうとしていることは、コーヒーの分子配列の中に時間の矢を見ようという事である。

ミルクとコーヒーが自然に混ざるように見えるのは確率からして当然で、
勝手に分離するのを待つのは(原理的にはミルク分子がたまたま一箇所に集まることもあり得るが)確率は限りなく0に近く、よほどラッキーでもない限り、天文学的悠久の時間辛抱して待たないといけないでしょう。

つまりは認識できる時間にコーヒーとミルクが(腐って凝固する以外で)勝手に分離する事は無いといって構わない。
時間の矢とはこういう意味で・・・


『船内に疫病が広がっています!』

マルセイユ南岸、疫病発生。
・・・・あ、ごめん。疫病薬ないわ。

紅いドクロを抱いたまま流れ行く船。一人、また一人と船員が減っていく。
意外に交通量が多い航路。
ここで沈むとちょっと恥ずかしいなーとか考えなくも無い。
浮き輪があるからいいが、ブタが泳いで逃げたら困る。

最後の一人になった。これは南無か・・・・



『ガルーダ像の加護がありました』


GJ 

確かKachuaお姉さまがくれた像だったと思う。ありがとう。
船は船員1名を載せて、無事東へ進む。


「割れた卵のエントロピー」
次は生卵の中に時間の矢。
生卵は時間の非対称性の好例で、生卵は簡単に割れるけれど、それが勝手に元に戻る事はない。
理由は単純で、割れていない状態よりも割れた状態のパターンの方が多いから。
「割れた卵のエントロピーが多い」ために、元に戻らない。

割れてない状態から割れている状態まで、ありとあらゆる分子の配列を考えた場合
割れていない卵は1しかない。ひび割れから割れた状態は無限通りもある。
すべての状態が存在する確率が同一だとすると、割れてない状態になる確率は
無限分の1×100%。君、卵が戻るのを待ってみるかい?


『船員が積荷を盗んでいます!』


ちょっおまwwww


『ブタが一匹盗まれました!』


あんぎゃああああああ


1匹でも減ったら! 1匹でも減ってしまったら!
結局卒業演習のためにファロまで戻らなきゃいけない!
わざわざ船員を減らしてここまで苦労してきた意味が全然無い!

どうしてエントロピーは今日より昨日の方が少ないのか??
ブタが300<<<<それ以外の数だから 300になる時間の確率が一番低く、その瞬間が訪れるのを君、数万年待ってみるかい?って・・・・・



『ブタが仔豚を生みました!』



・・・いや、どうでもいいエントロピー。



080831-01.jpg

無事 ブタ300頭 ピサへ輸送、任務完了しました。


・・・・全部読んだ?


スポンサーサイト

星に願いを

2008–08–19 (Tue) 23:42
今夜もゲームのお話をしよう
やあ久しぶり 下僕ことティオより愛をこめてこんばんは。

その後の話をしようと思う。
今、俺は・・・・・

081708-190817.jpg

一日も早く故郷へ帰りたい気持ちで一杯だ。


インドにカンヅメになっている。
しかしこの、自分がとても場違いな存在に思える感覚はなんだ。
いや間違いなく自分は間違ってここに居るのだと思う。日本語が変なほど違和感がある。
激しく浮いている。
どこか異国の作業所に迷い込んで、何をしていいのやらさっぱり解ってないアルバイターみたいだ。

実のところよく解っていない。

つくづく我が一族は交易向きではないのが身に染みて解る。
どこをどう輪切りにしても生産型商人家族だ。姉は料理人、俺はお針子。
物を作る。その物の原価はいくら阿呆な俺たちでもわかる。
その原価+手間賃+需要や周囲の相場なんてものを考慮して値段をつけショップに置く。
売れるとにっこり。そしてまた空いた枠に物を作る。

お金はこれでそこそこ溜まっていくが、名声値がたまらないのが困る。
生産型商人のウィークポイントはここだ。

名声がほしけりゃ投資するか、名産交易品を売りたまえって話になる。
産出地域から遠く離れた地域に行けば行くほど名声値は高く得られる。
合計名声値が2万以上になると、名声値上限が半分になり、商人以外の職だとさらに半分になる。

合計名声はどうにもならないが、
基本は商人職で、その町から一歩も動かずに買える原料で、はるか遠くの名産交易品を生産でき、その場で売れるのが一番楽ということになる。
有名なのがインドの生糸からベルベット、東南アジアの鳥類から羽毛だ。
インドベルベット生産オンラインを総じて「星人」と言うらしいが、その起源は俺はよく知らない。

縫製スキルが12になり、箒を背負えば13になれたので、
俺は よく解らないまま、とりあえずインドへ来てみた。
どのみち縫製修行するなら名声をもらえたほうが良いに決まってる。
オスロのレース編みも悪くはなかったんだけど。

「ベルベ織って売りなよ」という言葉の文字間には、あれこれ約束事がある

らしい。

これが全く解らない。恐らくほかの人も説明が難しいんだろうと思う。
よく「織物暴落で途方に暮れる」なんて聞くものだから、調整を気をつけないとダメかと思えば
マスリパタムはそうでもない。
どちらかというと、原料の生糸の原価の方が肝心で、100%以下くらいになると大勢つめかけ、
140%以上になるとまばらになり、177%になると誰もいなくなる。
ベルベットの相場はほとんど無視されているように見える。
確かに72%でもベルベットの値段が赤文字になることはほぼ無いようだ。
だが利益だけを見ればベルベの相場よりも、生糸の原価のほうが影響が大きい。
重要なのは当たり前だな。

ここで何が重要なのかを、自分で決めておかないとドツボにはまると思う。
欲しいものは
 経験値?
 名声値?
 お金?

俺が欲しいのは 縫製スキルの熟練値と、名声値だ。
ほかはついでに入ってくるものとして重要視しないことにした。

Wikiくらい見たさ。
でも名声値の計算式は現在のところ破綻しているらしい。
それもあるけど、説明されても納得できるかどうかも怪しい。
どっから輪切りにしても生産型な俺たちは、どーもそのへんの仕組みというか、
理論的な事が苦手なんだ。
かといって先達の手法を仕組みもわからず真似して何も考えない、というのは非常に落ち着かない。
仕組みと法則を理解して始めて礼儀が持てると思ってる。

礼儀なきショートカットは、RPGゲームを立ち上げてコントローラを握って、
オープニングも見ないで飛ばし、始まった途端隣に居る人間に
「で、最初はなにすればいいの?」と尋ねるくらい間抜けな行為だと思う。

そうは思うが 情けないことに脳が追いつかないのもまた事実である。
カリブシャツの中の貝紫の原価が180%だったからって
シャツが何か文句を言うか? 微々たるもんだよ。
結局、式なんか貰ってもわけがわからなくなりそうだから、実地データを積んで納得する事にした。

WS000000.jpg

つってもデータ少ないので間隔がばらばらだが。思い立った一度きりのやつだからね。
これじゃ目がすべるな。経験値は注目してなかったので空白だらけだ。

WS000001.jpg

グラフにすると解りやすいな。

売却する際の「利益額」が4999Dまでは、名声は1つも入らない。
5000Dの際が、利益あたり名声値が一番高い(恐らく)。
10万D以上にすると多少ボーナスがつくが、利益あたりで見ると5000D時点には遥か及ばない。
そして一個の名産からもらえる名声値は上限が確か30ぐらいだ。

実際にはコンボボーナスやらなにやらが絡んでくるようなんだけど、
今マスリでベルベットだけを落とすことだけを考えれば、
ひたすら織って 利益が5000Dぎりに乗る枚数で小分け売りする、が良いように思える。

東南アジアの香辛料やインドの宝石類をヨーロッパで一個売りしても同様だと思う。
ただしこっちは運ぶ手間があるわけだね。
縫製修行が一段落つけば、そちらの方が性に合っている気はするな。

要は飽きっぽいんだ。

生糸の値段によってベルベット2枚で済むこともあるし、逆に4,5枚必要な事もある。
織れる枚数が100枚なら50回売って250名声を稼ぐか、
20回売って100を稼ぐかという話になる。当然250で行きたいよなあ?
となると 自然と生糸が安い時を狙うようになる。


という筋で納得することにした。
間違ってるかどうかなんて解らないがデータは正直なんじゃないかな。


ああ、正直言うと もう地中海に帰りたい。あともう少しでR13。



姉の体調不良の原因が少しだけ判明した。
脈拍が少々遅いらしい。60~75/mくらいあってもいいものが、平均して55/mぐらい。
病気というほどのものではなく、「少し遅いね~ ちょっと経過みましょうね」という程度だ。
スポーツマン心臓というものがあって、普段からスポーツをしているひとの脈拍は平常時遅くなるらしいが、姉ほどスポーツと縁の無い人生もそうそう無い。(だから遅いのはちょっと変ね、ってことらしい)
脈拍が遅いとどうなるのかというと、当然血の巡りが悪くなる。
手足が冷えたり、痺れたりする。脳の血の巡りも悪かったりするのでぼーっとしたりひどいと脳貧血症状を起こしたりする。
そういうことだ。

姉の頭の血のめぐりが悪いのは今に始まった事ではないので大丈夫だ。

ブログの書き方を忘れました

2008–08–10 (Sun) 11:15
今夜もゲームのお話をいたしましょう。
こんにちは、ヘレンです。

おかげさまで中の人の体調も回復傾向にありまして、
プレイ時間も延長の予定です。ですが

ブログの書き方を綺麗さっぱり忘れました。

かなりメンドクサイ病も出てきてしまってますので、しばらくお休みしようと思います。
DOLの中で会ったら遊んでやってね!

続:下僕より愛をこめて

2008–08–01 (Fri) 18:01
神様が船の進み方にあれこれ手心を加えてくれたおかげで、
航行中はいろいろと他のことに没頭できる。

例えば 姉が日中放棄した書類の作成の尻拭いをするとか。
例えば 姉がここ数日放棄している航行日誌の整理をするとか。
例えば 中の人が日中放棄した売上データの抽出を肩代わりするとか。
ちなみに「売上データの抽出」という8文字こっきりの指示を6000文字くらいの言葉にひきのばす名人が発生源である。
説明を最後まで聞いていると作業開始時刻がどんどん遅くなる。
たいてい100文字くらいのところで遮ってこちらからやることを申請したほうが早く終わる。
中の人は「類語辞典の代りに彼を本棚に突っ込めばいい」と内心思っている。

そんなこんなで、約1Lの水出しジャスミン茶を傍らに、俺は船長室にひきこもっている。
船は今、セビリアを出港して、リオデジャネイロへ向けて走り続けている。

ジャスミンの花を紅茶に使う事を考え出した人に大いなる敬意を表する。偉大な思いつきだ。
だが今飲んでるこれはちと不味い。どう不味いかを説明すると、水道水の味しかしない。
30袋198円のティーバックの包装袋には「2時間の水出しでOK」などと書かれている。
2時間どころか24時間浸出させてもジャスミンの香りがしない。
1度に2袋使うか、水の方を少なくすればいいのかもしれないが
そこはそれ、下僕という生き物は根っからの貧乏性だ。
そんな色着き水をあおりながら書類を睨んでいると、副官が話しかけてきた。

『船長~、航行予定を確認してもいいですかあ~?』

間延びしたプリプリ声に顔を顰めつつ、副官を見る。最近雇ったフランスの仕立師の小娘だ。
言語に堪能だった前の副官には暇を出した。あの実直で静かだった青年が懐かしい。
この小娘は仕事の補助のためにやむなく契約した。
言っておくが別に幼女であるとか、そっちのほうの趣味は皆無である。

『えーと、これからリオデジャネイロですよね。
そこから勅命受けて~中南米西岸上陸地点。
で、リオデジャネイロに戻ってくる。
んでそれからマルセイユまで行って許可貰う。
ついでに冒険系に転職。
また中南米へ行って、今度は西岸をパナマまで北上。
ぐるっとチリ海盆まで下って上って
そこからカリブはサンティアゴ。
そこも勅命受けて、ポルトベロってところに。
んで、サンティアゴへ寄って、再びマルセイユ・・・』



大きな瞳が、じと目で俺を見上げている。
これ本気ですか? と言いたそうだ。
俺は努めて冷静に発言した。

「それがどうかしたか?」
『うぇえ~~めんどくさいって痛い痛いいたた、船長いったーーいなにすんですかあ!!』

俺は小娘をどついた分厚い航海日誌を両手にぽん、と持ち直す。

「お前は今 全DOL中のヴェネチア人に宣戦布告した」
『うぇえええ』

だってさ、見て下さいよ! こっからぐるっとこうよ! こういってこういってまたこうですよ~?!

小娘は船長室に飾ってある世界地図を背伸びして指差し、あたふたと言い訳する。

「甘えるな。全員同じ道のりなんだから」フランスは地理的にもまだ悪いとは言えない。
それに今は国として勅命達成されてる状態だから、これからは一度義務を果たせば良いことになってる。
高熱に魘されながら勅命32往復した姉は、そのあたりはよく頑張ったと一応はほめておこう。国は違うが。

「ああ・・・でも一部進路変更だな」
俺は びっくりまなこに期待をこめて振り返った小娘に、にっこりと微笑みかけた。


「パナマからサバイー島を経由する」


再び不平の声をあげるために大開きになった幼女の口に
パイと大皿フルーツセットのパイを突っ込んで黙らせた。

 | HOME | 

当ブログは以下参照

・ゲームルールを遵守します
・「見ただけで感染ウイルス」流行中。AdobeReaderとFlash、OSのUPはこまめにやろう。ブログのテンプレート偽装にも気をつけようね!

書いている人

ふぁいな

Author:ふぁいな
猫かぶり・ヘレン.A Notosイスパニア
・冒47交52戦16 ぐらい。
これファイナ
↑ 本体・ファイナ Notosイスパニア
・冒41交54軍35 らへん
・日々適当

ここへのリンク
張るも剥がすも連絡不要!

※あんまりここと関係なさそうな広告コメントは削除するッス

Twitter= rakurk

月別アーカイブ

04  12  07  07  06  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03 

最近の記事

ブクログ

カテゴリー

  • 雑記(47)
  • 大航海Online(482)
  • 大航海:酒場娘vs泥酔客(1)
  • 大航海:イースター2006(6)
  • 大航海:丼像検証(8)
  • 大航海:花クエ(2)
  • 大航海:お魚発見記(11)
  • 大航海:下僕日誌(25)
  • バルシャdeクルーズ(11)
  • 複合(大航海&PSU)(8)
  • PSU(48)
  • PSO(8)
  • MHF(2)
  • RADIATA STORIES(10)

大航海Online著作権表示

『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

PSO著作権表示

『このページで使用されている画像は(株)ソニックチームの許諾を得て、ニンテンドーゲームキューブ用ゲーム「ファンタシースターオンラインエピソード1&2」よりキャプチャーしたものです。配布や再掲載は禁止されています。』

『このページで使用されている画像は(株)セガの許諾を得て、Windows用ゲーム「ファンタシースターオンライン ブルーバースト」よりキャプチャーしたものです。配布や再掲載は禁止されています。』

RSSはこちら

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。